レーシックを受けることができない人って?


こちらはレーシック手術が受けられない職業・身体の人や、視力を必要とする職業・資格について紹介しているサイトです。
レーシックを受ける前に行なう適応検査で引っ掛かってしまう人の特徴とは?その身体的理由や症状について細かく解説しています。

また、レーシックが受けられない職業の代表といえばパイロットです。
パイロットになるために必要な視力検査の内容とは一体どのようなものか?
そして、格闘家やボクサーなど、顔面に強い衝撃を受けるスポーツをしている人が受ける視力矯正手術の方法や、警察官・消防官など、視力を必要とする職業の視力検査の内容についても紹介しています。

これを読めば、視力の大切さがきっと分かるはず…


レーシックは誰にでもできる手術ではありません。角膜の厚さには個人差がありますので、薄すぎる人は手術を受けることはできません。
また、その他にも目の病気や強度の近視・乱視で受けられない場合があります。

では、レーシックを行なっている眼科に共通している例を挙げていきます。

・18歳未満の方(※20歳未満の場合は親権者の同意が必要です)

・眼鏡やコンタクトレンズで不満を感じていない方

・角膜が薄すぎる方

・強度の近視の方(近視度数が-14D、乱視度数が-6.0Dより強い)

・視力低下が止まっていない方

・重度のドライアイの方、アレルギー性結膜炎の方

・検査時に炎症がある方(治ってから受けられる可能性もあり)

・白内障、緑内障、網膜剥離などの目の病気の方

・円錐角膜、角膜に疾患や異常がある方

・全身の病気がある方(全身性血管炎、糖尿病、肝炎、膠原病、重症アトピーなど)

・妊娠中、授乳中の方

・60歳以上の高齢者(老眼はレーシックでは治療できません)

・運転手やパイロットなどの職業の方(職務に支障をきたす恐れがあるため)

・格闘家や、ボクシングなどの激しいスポーツをする方 (PRKやエピレーシックなど、他の視力矯正手術で対応できる)

・花粉症の方(花粉症の時期をずらせば可能な場合あり)

・その他、医師が不適切と判断した場合

以上が、レーシックを受けることができない主な理由となります。
この他にも何らかの理由でレーシックを受けられない場合がありますので、適応検査時に担当医師と相談することをおすすめします。

下肢静脈瘤の検査をするなら千葉のみつわ台総合病院

☆札幌の脱毛サロンと言えばBrilaでしょ☆何と言っても価格が安い!

シマックス 写真

遺品整理が非常につらいです。愛知県内でいい業者さんいませんか?